基本的な自動車保険のおすすめプラン

自動車を運転する場合は
万一にそなえて保険をかけておく必要があります。

保険の中には自動車に対して必ず入らなければならない
強制保険というものがあります。

それが、自賠責保険で
車検と同時に必ず申し込むことになっていますので
自分が加入したかどうか認識がない方もいらっしゃるかもしれません。

しかしこの強制保険だけでは不十分で、
相手に対しての保険、
物に対しての保険、
運転している本人や搭乗者への保険など補うために
任意の自動車保険を契約するのが一般的なのです。

この自動車保険も
いろいろな会社や内容があり
特約なども様々でなにがよいのか迷うこともあります。

かけ方によっては費用がかさむことにもなります。

このような場合に基本的な自動車保険のおすすめプランを考えてみます。

やはりもっとも重要な保険は対人賠償と対物賠償です。

事故はどのようなことになるかわかりません、
だから保険をかけておくわけなので、
万一相手が死傷したようなことを想定して
対人賠償は無制限というプランを選択しておくことです。

対物賠償も相手が乗用車とは限りません。
建物であったり観光バスなどでは修理中の休業補償まで請求されます。
これらを考えると対物保障も無制限としておくほうがいいです。

もうひとつおすすめのプランとしては人身傷害保険です。
例えば交通事故を起こしてしまい怪我をしてしまった場合、
通常は過失割合によって保険金を受けることになりますが、
それを全額補償してもらうことができます。

ですので、もしあなたが少しでも
安い自動車保険に加入したい!と思っているとしても
上記は必ず保障にいれて
どこを削れるか考えることが重要です。